倣華嵓人物図扇面

ほうかがんじんぶつずせんめん
     

清時代初期の画家・華嵓(新羅山人)の画法を倣ったと記す人物画は、風にそよぐ衣文の細かな表現や竹葉を描く墨の濃淡に、その技法の確かさを伺える。

                                               
作品名倣華嵓人物図扇面
ふりがなほうかがんじんぶつずせんめん
作者湯禄名
国名中国
制作年清時代後期
寸法17.0×56.2cm
目録番号4a-0626-2
釈文仿新羅山人 筆意於 呉郡庽 斎楽民 湯禄名

清時代初期の画家・華嵓(新羅山人)の画法を倣ったと記す人物画は、風にそよぐ衣文の細かな表現や竹葉を描く墨の濃淡に、その技法の確かさを伺える。

KAMPO MUSEUM IN SHIGA ©︎ All Rights Reserved