玄秘塔碑

げんぴとうひ
     

「玄秘塔碑」は、大達法師端甫(770~836)の埋骨塔の由来を記す。筆者の柳公権(778~865)は、字を誠懸といい、陝西華原の人。能書で知られ、広く諸家を取り入れたが、特に顔真卿(709~785)の影響が強い。「顔筋柳骨」と称され、顔法よりも細く骨ばった書風である。本作も、鋭い直線的な筆致で、横画と縦画の太さを変え、美しさと力強さを兼ね備えている。柳公権64歳、その書風の完成期の代表作である。

                                           
作品名玄秘塔碑
ふりがなげんぴとうひ
作者柳公権
国名中国
制作年唐時代 会昌元年(841)刻
寸法237.0×113.5cm
目録番号拓整ー0024

「玄秘塔碑」は、大達法師端甫(770~836)の埋骨塔の由来を記す。筆者の柳公権(778~865)は、字を誠懸といい、陝西華原の人。能書で知られ、広く諸家を取り入れたが、特に顔真卿(709~785)の影響が強い。「顔筋柳骨」と称され、顔法よりも細く骨ばった書風である。本作も、鋭い直線的な筆致で、横画と縦画の太さを変え、美しさと力強さを兼ね備えている。柳公権64歳、その書風の完成期の代表作である。

KAMPO MUSEUM IN SHIGA ©︎ All Rights Reserved