楷書臨崔敬邕墓誌銘軸

北魏(386~534)の崔敬邕墓志銘の臨書作品です。筆をわざと震わせたり、粘らせたりして、石がこわれた形どおりに見えるように表現する書き方で、「鋸体」とよばれました。百年ほど前の上海では大いにもてはやされたそうです。ただ … 続きを読む 楷書臨崔敬邕墓誌銘軸