臨書帖 多宝塔碑

りんしょじょう たほうとうひ
     

中沢雪城(1808?~1866)は、江戸時代後期の書家。越後(新潟県)長岡藩士。藩校・崇徳館で学び、江戸に出て巻菱湖(1777~1843)に師事。のち塾をひらく。菱湖門四天王のひとり。門下に巌谷一六(1834~1905)、西川春洞(1847~1915)らがいる。
多宝塔碑は、顔真卿(709~785)44歳時の楷書作品。雪城の師・菱湖は若かりし頃、市河米庵(1779~1858)が好んで学んだ顔真卿ではなく、欧陽詢(557~641)を進んで学んだ。顔真卿 は40歳代になってから学び始めたという。雪城がその頃に弟子入りをしたと考えれば、顔真卿の書は師弟を結ぶ思い出である。本書は、そのような師への追慕 の意味を込めた臨書であろう。

                                               
作品名臨書帖 多宝塔碑
ふりがなりんしょじょう たほうとうひ
作者中沢雪城
国名日本
制作年江戸時代後期 嘉永2年(1849)
寸法29.8×17.4cm
目録番号書冊-B-011
釈文大唐西京千福寺多宝仏塔感応碑文…

中沢雪城(1808?~1866)は、江戸時代後期の書家。越後(新潟県)長岡藩士。藩校・崇徳館で学び、江戸に出て巻菱湖(1777~1843)に師事。のち塾をひらく。菱湖門四天王のひとり。門下に巌谷一六(1834~1905)、西川春洞(1847~1915)らがいる。
多宝塔碑は、顔真卿(709~785)44歳時の楷書作品。雪城の師・菱湖は若かりし頃、市河米庵(1779~1858)が好んで学んだ顔真卿ではなく、欧陽詢(557~641)を進んで学んだ。顔真卿 は40歳代になってから学び始めたという。雪城がその頃に弟子入りをしたと考えれば、顔真卿の書は師弟を結ぶ思い出である。本書は、そのような師への追慕 の意味を込めた臨書であろう。

KAMPO MUSEUM IN SHIGA ©︎ All Rights Reserved