Back to all Post

秋季特別企画展「文人の行き交う街-近江商人が紡いだネットワーク-」

     

新館 特別展示室

開催日: 2021年9月18日 - 2021年11月21日カテゴリー:

貫名菘翁「扁額「鶴春秋」」(江戸末期作)(個人蔵)

「翰墨縁印譜(巌谷一六印譜)」(個人蔵)

秋季特別企画展「文人の行き交う街-近江商人が紡いだネットワーク-」

【概要】

近江商人ゆかりの東近江・近江八幡地域は、江戸時代以降、多くの文人が訪れ、商人の旧家には、貴重な書画作品が伝来しています。特に江戸後期には、幕末の三筆の一人・貫名菘翁を中心に、巌谷一六、野口小蘋などの文人たちのネットワークが築かれていた痕跡をたどることができます。このネットワークの背景には、文人たちを支える近江商人たちの活動があり、同地域の文人たちが行き交う街は、彼らが紡いだものともいえます。他方、近江商人たちは、家業を通して故郷の寺院に様々な美術をもたらし、東近江地域には、京都などの近隣地域とは異なる文化が育ちました。

この展覧会は、全国的に希少な「書の文化にふれる博物館」である観峰館が、所在する東近江地域の近江商人の末裔たちが大切に守り伝えてきた書画を通して、彼らが紡いだ文人たちの交流と、同地域の「特殊性」を探るものです。

 

 【主な出品作品(予定)】
貫名菘翁「行草書飲中八仙歌屏風」(観峰館所蔵)
貫名菘翁「いろは大字屏風」(近江八幡市・観音正寺所蔵)
貫名菘翁「寿」(個人蔵)
小林卓斎「行書二字「無息」」(近江八幡市・江頭町自治会所蔵)
巌谷一六「行草書対句屏風」(観峰館所蔵)
「巌谷一六日記」(明治6年・8年・11年)(甲賀市水口歴史民俗資料館所蔵)
「歙霞楼印存(巌谷一六印譜)」(甲賀市水口歴史民俗資料館所蔵)
「翰墨縁印譜(巌谷一六印譜)」(個人蔵)
野口小蘋「松下清風図」(個人蔵)
野口小蘋「山水図」(個人蔵)
野口小蕙「歳寒二種図」(個人蔵)
野口謙蔵「彩楓図」(個人蔵)
長 三洲「「朝爽甚佳」扁額」(観峰館所蔵)
隠元隆起/賛 逸然性融/画「達磨図」(観峰館所蔵)
「隠元隆起頂相」(東近江市・永源寺所蔵)
河村若芝「釈迦牟尼仏像」(東近江市・松雲寺所蔵)

貫名菘翁「いろは大字屏風」(右隻)(安政4年・1857作)

貫名菘翁「いろは大字屏風」(左隻)(安政4年・1857作)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【イベント情報】

土曜講座「秋季特別展の見どころ① 貫名菘翁「いろは大字屏風」について」

アンティークオルゴール鑑賞会

学芸員によるギャラリートーク

土曜講座「秋季特別展の見どころ② 「巌谷一六日記」と2種の印譜」

 

【図録】

文人の行き交う街-近江商人が紡いだネットワーク-

 

【メディア掲載情報】

準備中です

 

【広報物】

準備中です

 

【お得な情報】

「ミュージアムぐるっとパス・関西2021」のご案内

 

【同時開催】

館蔵秦封泥/始皇帝以前~古(いにしえ)を伝える書画文物~

 

【次回の展覧会】

準備中です

KAMPO MUSEUM IN SHIGA ©︎ All Rights Reserved