Back to all Post

帰ってきた!?らくがきのふしぎ展/中国近現代の書

     

本館 4階・5階展示室

開催日: 2020年6月20日 - 2020年8月30日カテゴリー:

帰ってきた!?らくがきのふしぎ 展

【会場】

本館4階展示室

【概要】

2010年秋に開催した、らくがき展が、およそ10年ぶりに帰ってきました!

この展覧会は、観峰館が所蔵する、和本・教科書資料の中から、旧所蔵者(元の持ち主)が思いのままに書き遺したメッセージを「らくがき」ととらえ、その書物が歩んだ歴史を紐解いていくものです。「らくがき」には、思いのままに書き遺されたもの、自分の所有物であることを明記するもの、見るだけで楽しい気持ちになるものなどがあります。おそらく、「らくがき」を書いた人物は、自分の「らくがき」が注目されるなんて思ってもみなかったでしょう、だって人に見てもらうために書いていないのですから笑

この展覧会を通して、「らくがき」の面白さ、不思議さを、たっぷり味わってください!(ホーム画面の画像は、小林永濯画『万物雛形画譜 二編』にある、旧蔵者の三上礼次(号は開雲)の落款印)

【展示パンフレット】

令和2年度夏季平常展示(本館4階)出品作品リスト
令和2年度夏季平常展示(本館4階)パンフレット

【主な出品作品】

『教科用抄 花月草紙』(大正8年再版) 彦根中学校の学生の名前を漢字やローマ字で書いたもの。当時より教科書は貴重で、所蔵者の多くが名前を書き遺している。

『尋常小学国史』上巻(昭和9年) 頁上部に藤原道長への思いを書く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中国近現代の書

【会場】

本館5階展示室

【概要】

1911年の辛亥革命をもって、清王朝は終焉を迎えます。これまでの永い歴史で初めて、人民による政治が行われる時代になりました。その少し前1800年代の後半から現代に至る期間を「中国の近現代」と位置づけて、時代の変化の中で書がどのように変化したのか、あるいは変わらなかったのかを、幾人かの書家の作品を通して見つめてみたいと思います。

【主な出品作品】

沈伊黙 行書軸(部分)

 

 

 

 

 

 

 

張伯英 行書軸

【展示パンフレット】

令和2年夏季平常展示「中国近現代の書」パンフレット

令和2年5階夏季平常展示リスト

KAMPO MUSEUM IN SHIGA ©︎ All Rights Reserved