Back to all Post

小坂奇石の折帖手本/館蔵中国書画小品展

     

本館 4階・5階展示室

開催日: 2020年9月19日 - 2020年11月23日カテゴリー:
新型コロナウィルス感染拡大防止対策を行っております。ご来館の際はこちらをご確認ください。

※来館者カードは下記からダウンロードできます。

観峰館 来館者カード

観峰館 来館者カード(エクセルファイル)

 

小坂奇石の折帖手本

【紹介動画】

 

【会場】

本館4階展示室

 

【展覧会概要】

小坂奇石(こさか きせき、1901~1991)は、徳島県出身の書家で、王羲之(おうぎし)を基礎に顔真卿(がんしんけい)等の書を学び、楷書は特に北魏の力強い重厚で厳しさのある書を好みました。また書道教育にも力を注ぎ、奈良教育大学、徳島大学などの講師として後身を育成し、晩年は奈良に居を構えて活動しました。

本展は、個人のご好意により寄贈を受けた、小坂奇石の折帖手本の優品を展示いたします。

 

【主な展示作品】(クリックで拡大します)

小坂奇石「臨蘭亭序」昭和51年(1976)

小坂奇石「臨十七帖」昭和52~55年(1977~1980)

 

館蔵中国書画小品展

【紹介動画】

 

【会場】

本館5階展示室

 

【展覧会概要】

観峰コレクションの中国書画の優品を展示します。

 

【主な展示作品】(クリックで拡大します)

邵治泳「擲果盈車図扇面」

作者不詳「裁縫美人図扇面」

呉譲之「行書臨顔真卿争坐位帖団扇」清時代後期

 

【同時開催】

開館25周年秋季企画展「耄耋ってニャンだ!?-吉祥の願い-」

 

【展示風景】

次回の展覧会

冬季企画展「生誕110周年記念 原田観峰の書」

KAMPO MUSEUM IN SHIGA ©︎ All Rights Reserved