何紹基と同時代展~第4回特別企画展展示品図録~

     

何紹基(1799~1873)は清朝を代表する巨匠であり、金石碑版の学を通して、数多くの秦漢の碑刻を臨書し、たゆみなく古典の学習に精通しました。さらに詩書篆刻にも、特に行草作品は我が国の書家に大きな影響を与えました。ここに何紹基の作品を中心に、その後裔、交友のあった友人の書を収録し、彼らの生きた時代の一端を知る 手だてとして鑑賞に供したいと存じます。

【目次】※( )内の所属は刊行当時のものです。

序 原田博至(観峰館 館長)

図版

A 何紹基(1799~1873)見本

B 何紹京(生卒年不詳)

C 何維樸(1844~1925)

D 孫星衍(1753~1818)

E 陳鴻寿(1768~1822)

F 姚元之(1773~1852)

G 包世臣(1775~1855)

H 郭尚先(1785~1832)

I 呉熙載(呉譲之・1779~1870)

J 呉雲(1811~1883)

K 楊沂孫(1813~1881)見本

L 楊峴(1819~1896)

M 趙之謙(1829~1884)

解説・釈文 萩信雄

何紹基(1799~1873)は清朝を代表する巨匠であり、金石碑版の学を通して、数多くの秦漢の碑刻を臨書し、たゆみなく古典の学習に精通しました。さらに詩書篆刻にも、特に行草作品は我が国の書家に大きな影響を与えました。ここに何紹基の作品を中心に、その後裔、交友のあった友人の書を収録し、彼らの生きた時代の一端を知る 手だてとして鑑賞に供したいと存じます。

【目次】※( )内の所属は刊行当時のものです。

序 原田博至(観峰館 館長)

図版

A 何紹基(1799~1873)見本

B 何紹京(生卒年不詳)

C 何維樸(1844~1925)

D 孫星衍(1753~1818)

E 陳鴻寿(1768~1822)

F 姚元之(1773~1852)

G 包世臣(1775~1855)

H 郭尚先(1785~1832)

I 呉熙載(呉譲之・1779~1870)

J 呉雲(1811~1883)

K 楊沂孫(1813~1881)見本

L 楊峴(1819~1896)

M 趙之謙(1829~1884)

解説・釈文 萩信雄

発行日:平成9年4月26日発行

判型/ページ数:A4判60頁(カラー16頁)

価格:1,697円(送料別)

出版物リストへ戻る

KAMPO MUSEUM IN SHIGA ©︎ All Rights Reserved