一葉落図

いちようらくず
     

呂鳳子(1886~1959)は、名を濬といい、近代を代表する画家であり、美術教育家である。出典は、五代後唐の荘宗こと、李存勗の詩「一葉落」。詩塘部分には、「忍而龢(和)斉家上策勤與倹創業良図 観峰書」とある。意味は、「忍と和は斉家(一家を整え治めること)の上策であり、勤と倹は創業(新しく事業を始めること)の良図(優れた計画)である」。『墨場必携』に見られる言葉で、観峰がその意味を好んで揮毫したのであろう。

                                               
作品名一葉落図
ふりがないちようらくず
作者呂鳳子
国名中国
制作年中華民国
寸法81.6×35.2cm
目録番号4b-0761
釈文一葉落褰珠箔此時景物正蕭索 画楼月影寒西風吹羅幕吹羅幕 往時思量著 写李存勗一葉落 鳳子

呂鳳子(1886~1959)は、名を濬といい、近代を代表する画家であり、美術教育家である。出典は、五代後唐の荘宗こと、李存勗の詩「一葉落」。詩塘部分には、「忍而龢(和)斉家上策勤與倹創業良図 観峰書」とある。意味は、「忍と和は斉家(一家を整え治めること)の上策であり、勤と倹は創業(新しく事業を始めること)の良図(優れた計画)である」。『墨場必携』に見られる言葉で、観峰がその意味を好んで揮毫したのであろう。

KAMPO MUSEUM IN SHIGA ©︎ All Rights Reserved