三老図

さんろうず
     

沈心海(1855~1941)は銭慧安(1833~1911)の弟子であり、師と同じく、人物画の他、美人、花卉を善くした。本作品は、上海豫園書画善会の発起人に名を連ねた楊逸(1864~1929)六十歳を祝うため送られたもの。68歳時の作品。三老については不詳だが、孔子、釈迦、老子の三聖と考えられ、その背景には、宋・元時代以来の儒教・仏教・道教の三教融合があるのではないだろうか。

                                               
作品名三老図
ふりがなさんろうず
作者沈心海
国名中国
制作年民国12年(1923)
寸法131.7×62.4cm
目録番号4b-0340
釈文鶴寿千歳八寿百年三老図堂々開寿筵 経日東海朱霞南天方朔献桃垂延偓佺 癸亥鞠秋之吉写祝 東山先生六十双寿心海沈兆涵 時年六十有八

沈心海(1855~1941)は銭慧安(1833~1911)の弟子であり、師と同じく、人物画の他、美人、花卉を善くした。本作品は、上海豫園書画善会の発起人に名を連ねた楊逸(1864~1929)六十歳を祝うため送られたもの。68歳時の作品。三老については不詳だが、孔子、釈迦、老子の三聖と考えられ、その背景には、宋・元時代以来の儒教・仏教・道教の三教融合があるのではないだろうか。

KAMPO MUSEUM IN SHIGA ©︎ All Rights Reserved