幼猫菊石図

ようびょうきくせきず
     

宋君方(1900~1987)は字を海葉といい、呉絲と号した女流画家である。女子師範学校などで国画の講師を勤め、解放後は文化部の幹部となった。花鳥画を得意とし、高い評価を得ている。夫は著名な篆刻家・書画家である寿鑈(1885~1950)である。本作は、絵の描き方と款記から見る限り、宋君方が背景を補筆し、寿鑈が款を書いたことしか分からず、猫の作者は不明である。恐らく西洋画を学んだ人物のものであろう。

                                               
作品名幼猫菊石図
ふりがなようびょうきくせきず
作者宋君方/寿鑈
国名中国
制作年民国37年(1948)
寸法65.0×32.0cm
目録番号5b-3082
釈文石畔貍双蹲常対秋花鑑陶明悠然南山見不見 宋君方補景寿鑈綴句戊子秋酷熱

宋君方(1900~1987)は字を海葉といい、呉絲と号した女流画家である。女子師範学校などで国画の講師を勤め、解放後は文化部の幹部となった。花鳥画を得意とし、高い評価を得ている。夫は著名な篆刻家・書画家である寿鑈(1885~1950)である。本作は、絵の描き方と款記から見る限り、宋君方が背景を補筆し、寿鑈が款を書いたことしか分からず、猫の作者は不明である。恐らく西洋画を学んだ人物のものであろう。

KAMPO MUSEUM IN SHIGA ©︎ All Rights Reserved