曹全碑

そうぜんひ
     

「曹全碑」は中平2年(185)に刻された石碑です。後漢時代(25~220)の官吏で、武将としても有能であった曹全(?~?)の功績を顕彰するために制作されました。扁平な字形と伸びやかな波磔を持つ「曹全碑」は、時に女性的とも評されます。日本にも、江戸時代後期には舶載されており、多くの書人が「曹全碑」を通して隷書を学んできました。漢時代を代表する名品の1つです。

【法帖無料ダウンロード】

「曹全碑」全ページを無料でダウンロードできます。ご自宅・教室での隷書学習に、ぜひお役立てください。※画像が開かない場合は、「右クリック」→「対象をファイルに保存」で、お使いのPCにダウンロードしてからご覧ください。

法帖「曹全碑」拓帖-111(4.89MB)

                                           
作品名曹全碑
ふりがなそうぜんひ
作者不詳
国名中国
制作年後漢時代 中平2年(185年)刻
寸法30.0×19.8cm
目録番号拓帖-111

「曹全碑」は中平2年(185)に刻された石碑です。後漢時代(25~220)の官吏で、武将としても有能であった曹全(?~?)の功績を顕彰するために制作されました。扁平な字形と伸びやかな波磔を持つ「曹全碑」は、時に女性的とも評されます。日本にも、江戸時代後期には舶載されており、多くの書人が「曹全碑」を通して隷書を学んできました。漢時代を代表する名品の1つです。

【法帖無料ダウンロード】

「曹全碑」全ページを無料でダウンロードできます。ご自宅・教室での隷書学習に、ぜひお役立てください。※画像が開かない場合は、「右クリック」→「対象をファイルに保存」で、お使いのPCにダウンロードしてからご覧ください。

法帖「曹全碑」拓帖-111(4.89MB)

KAMPO MUSEUM IN SHIGA ©︎ All Rights Reserved