歳寒三友図横披

さいかんさんゆうずおうひ
     

丁鑫(1910~?)は、父の丁丙(1881~1941)も清末の画家で、花鳥・虫草、蝶蛾を得意としました。清初の大画家・惲寿平(1633~1690)の娘・惲冰(生卒年不詳)にあこがれ慕ったので、自らの字を慕冰としました。
歳寒三友は吉祥図様の定番。松竹梅です。やはり新春といえばこれでしょう。

                                               
作品名歳寒三友図横披
ふりがなさいかんさんゆうずおうひ
作者丁鑫
国名中国
制作年民国37年(1948)
寸法37.3×60.5cm
目録番号5b-4217
釈文歳寒三友 戊子夏日以奉 嘯雲舅父大人指正 女甥慕氷写於海上

丁鑫(1910~?)は、父の丁丙(1881~1941)も清末の画家で、花鳥・虫草、蝶蛾を得意としました。清初の大画家・惲寿平(1633~1690)の娘・惲冰(生卒年不詳)にあこがれ慕ったので、自らの字を慕冰としました。
歳寒三友は吉祥図様の定番。松竹梅です。やはり新春といえばこれでしょう。

KAMPO MUSEUM IN SHIGA ©︎ All Rights Reserved