猗香亭図横披

いこうていずおうひ
     

程碒(1855~1941)は字を遠岑(えんしん)といい、清末民国初に揚州で活躍した画家です。幼い頃から画技を習い、特に山水画を得意としました。

本作は、民国初期の揚州で財を成した金融家である楊鴻慶(1821~1956)の邸宅「楊氏小築」内の庭園「猗香亭」を描いたものです。庭園には蘭が植えられ、その香は屋敷の外にまで漂ったといわれています。現在、「楊氏小築」は揚州市の文物保護単位に登録されていますが、「猗香亭」はわずかな庭石を残すのみだそうです。

【参考文献】

瀨川敬也「館蔵資料よりみた程遠岑作品について」『観峰館紀要』第9号、公益財団法人日本習字教育財団観峰館、2013年

観峰館紀要 第9号

                                               
作品名猗香亭図横披
ふりがないこうていずおうひ
作者程碒(程遠岑)
国名中国
制作年民国14年(1925)
寸法63.6×110.7cm
目録番号4a-0124
釈文乙丑夏四月遇 伯閑仁兄之盧甫 及台階即来香気 知室有芝蘭庭森 玉樹園林幽僻花木 多奇有亭名猗香 固属幽人之室亦為 善人之居 主人知愛蘭有同癖 故属為写図以紀一 時之興趣云爾 程碒画並識

程碒(1855~1941)は字を遠岑(えんしん)といい、清末民国初に揚州で活躍した画家です。幼い頃から画技を習い、特に山水画を得意としました。

本作は、民国初期の揚州で財を成した金融家である楊鴻慶(1821~1956)の邸宅「楊氏小築」内の庭園「猗香亭」を描いたものです。庭園には蘭が植えられ、その香は屋敷の外にまで漂ったといわれています。現在、「楊氏小築」は揚州市の文物保護単位に登録されていますが、「猗香亭」はわずかな庭石を残すのみだそうです。

【参考文献】

瀨川敬也「館蔵資料よりみた程遠岑作品について」『観峰館紀要』第9号、公益財団法人日本習字教育財団観峰館、2013年

観峰館紀要 第9号

KAMPO MUSEUM IN SHIGA ©︎ All Rights Reserved