琴棋書画図屏風

きんきしょがずびょうぶ
     

武沢楊岸は、京都で活躍した岸派の画家。生没年は不詳だが、『平安人物誌』天保9年版、嘉永5年版、慶応3年版にその名があることから、江戸後期に活躍したと考えられる。字は高泰、その室号より風清斎と号した。京都・大雲院に五百羅漢図大幅があるが、作例が稀少な画家である。
本作は、近年発見された一双の屏風で、文人たちが、書画、囲棋、琴などを楽しむ様子を描いたもの。

左隻

 

右隻印章

                                       
作品名琴棋書画図屏風
ふりがなきんきしょがずびょうぶ
作者武沢楊岸
国名日本
制作年文久元年(1862)
目録番号日-屏-106

武沢楊岸は、京都で活躍した岸派の画家。生没年は不詳だが、『平安人物誌』天保9年版、嘉永5年版、慶応3年版にその名があることから、江戸後期に活躍したと考えられる。字は高泰、その室号より風清斎と号した。京都・大雲院に五百羅漢図大幅があるが、作例が稀少な画家である。
本作は、近年発見された一双の屏風で、文人たちが、書画、囲棋、琴などを楽しむ様子を描いたもの。

左隻

 

右隻印章

KAMPO MUSEUM IN SHIGA ©︎ All Rights Reserved