行書八言対聯

ぎょうしょはちごんついれん
     

何紹基(1799~1873)、字は子貞、東洲または蝯叟と号した。湖南道州の人。道光16年(1836)の進士。官は四川学政に至ったが、直言によって罷免され、のち書院の主講となって子弟の教育につとめた。その学問は広く、特に小学・金石に通暁した。書は始め顔真卿を学び、さらに北碑に転じ、篆隷に長じて、有清一代の巨腕といわれる。

この作品は絹本に顔料で彩色し、全体に亀甲紋と梅花・竹葉の紋様を配したもので、1幅目の右上に属書の跡がある。判読できないが、後の所有者が何らかの理由でこれを削除したと考えられる。何紹基らしい懐のゆったりとした、気品ある書である。

                                               
作品名行書八言対聯
ふりがなぎょうしょはちごんついれん
作者何紹基
国名中国
制作年清時代後期
寸法各171.5×36.0cm
目録番号4A-3824
釈文縦横百家才大於海 安坐一室意古同天 子貞何紹基

何紹基(1799~1873)、字は子貞、東洲または蝯叟と号した。湖南道州の人。道光16年(1836)の進士。官は四川学政に至ったが、直言によって罷免され、のち書院の主講となって子弟の教育につとめた。その学問は広く、特に小学・金石に通暁した。書は始め顔真卿を学び、さらに北碑に転じ、篆隷に長じて、有清一代の巨腕といわれる。

この作品は絹本に顔料で彩色し、全体に亀甲紋と梅花・竹葉の紋様を配したもので、1幅目の右上に属書の跡がある。判読できないが、後の所有者が何らかの理由でこれを削除したと考えられる。何紹基らしい懐のゆったりとした、気品ある書である。

KAMPO MUSEUM IN SHIGA ©︎ All Rights Reserved