臨顔真卿巻

りんがんしんけいかん
     

何紹祺(1801~1868)は、清時代の著名な書家・何紹基(1799~1873)の2歳年下の弟です。父の何凌漢(1772~1840)は家が貧しかってのですが、勉学に励み進士及第し、最後は戸部尚書(財務大臣)にまで昇進しました。もともと学問をする「読書人」の家系で、兄弟とも顔真卿(709~785)の書法「顔法」を基本としていました。
この巻子は「争坐位帖」全臨のあと、「大唐中興頌」が書かれた全長10mを超える長い作品です(図版は巻頭部分)。

                                           
作品名臨顔真卿巻
ふりがなりんがんしんけいかん
作者何紹祺
国名中国
制作年清時代後期 道光29年(1849)
寸法33.2×1212.0cm
目録番号巻-書-015

何紹祺(1801~1868)は、清時代の著名な書家・何紹基(1799~1873)の2歳年下の弟です。父の何凌漢(1772~1840)は家が貧しかってのですが、勉学に励み進士及第し、最後は戸部尚書(財務大臣)にまで昇進しました。もともと学問をする「読書人」の家系で、兄弟とも顔真卿(709~785)の書法「顔法」を基本としていました。
この巻子は「争坐位帖」全臨のあと、「大唐中興頌」が書かれた全長10mを超える長い作品です(図版は巻頭部分)。

KAMPO MUSEUM IN SHIGA ©︎ All Rights Reserved