行書蘇軾偃松屏賛并序八屏

ぎょうしょそしょくえんしょうへいさんならびにじょはちへい
                                               
作品名行書蘇軾偃松屏賛并序八屏
ふりがなぎょうしょそしょくえんしょうへいさんならびにじょはちへい
作者何紹基
国名中国
制作年清時代後期 同治3年(1864)
寸法各130.5×34.5cm
目録番号4A-0405
釈文偃松屏賛并序 余為中山守始食北嶽 松膏為天下觀其木理 堅密瘠而不瘁信植物 之英烈也謫居羅浮山 下地暖多松而不識霜 雪如高才勝人生紈綺 家與孤臣孽子有閒矣 士踐憂患安知非幅幼 子過從我南來畫寒松 偃蓋為護首小屏為之 賛曰 燕南趙北大茂之麓天 僵雪峯地裂冰谷凛然 孤清不能無生々此偉 奇北方之精蒼皮玉骨 磽々〓〓方春不知沍 寒秀發孺子介剛従我 炎荒霜中之英以洗我 瘴眉山 東坡此贊絹本墨跡剥落之餘存 五十二字舊為翁氏蘇齊所藏今歸 南海伍氏余曾為作詩不知此番 伯宣世兄嶺外之游亦曾見否 甲子夏蝯叟

KAMPO MUSEUM IN SHIGA ©︎ All Rights Reserved