行書蘇軾詩軸

ぎょうしょそしょくしじく
     

日下部鳴鶴(1838~1922)は、名を東作、字を子晹という。彦根藩士田中家の次男として生まれ、日下部家の養子となる。明治13年(1880)、楊守敬の来日により、巌谷一六、松田雪柯と共に漢魏・六朝隋唐の古碑版法帖を研究し書風を一変させた。
その書は、その一文字一文字が起筆から収筆まで、独特の緊張感を持ちながら、実に堂々と描き出される。本書も、大胆かつ繊細ななかに、所々に見られる伸びやかな筆遣いが絶妙なアクセントを生み出し、全体を調和させている。

                                               
作品名行書蘇軾詩軸
ふりがなぎょうしょそしょくしじく
作者日下部鳴鶴
国名日本
制作年明治中期~大正時代
寸法126.5×54.0cm
目録番号日-書-019
釈文月地雲階漫一樽玉奴終不 負東昏臨春結綺荒荊 棘誰信幽香是返魂 鳴鶴仙史筆

日下部鳴鶴(1838~1922)は、名を東作、字を子晹という。彦根藩士田中家の次男として生まれ、日下部家の養子となる。明治13年(1880)、楊守敬の来日により、巌谷一六、松田雪柯と共に漢魏・六朝隋唐の古碑版法帖を研究し書風を一変させた。
その書は、その一文字一文字が起筆から収筆まで、独特の緊張感を持ちながら、実に堂々と描き出される。本書も、大胆かつ繊細ななかに、所々に見られる伸びやかな筆遣いが絶妙なアクセントを生み出し、全体を調和させている。

KAMPO MUSEUM IN SHIGA ©︎ All Rights Reserved