隷書横披

れいしょおうひ
     

作者の何維樸(1844~1925)は、有名な書家・何紹基(1799~1873)の孫にあたる人物です。この作品は属書(為書き)がありませんから依頼主はわかりませんが、その人の書斎の「命名書」のようなものです。毎日喜び事があるようにと名づけたのでしょうか。礼器碑の筆法で書いていますが、「有」の左払いは踊るようで、「喜」は嬉しそうに見えます。「日」は画数が少ないので横画を太めにして、「軒」は控えめにまとめています。書いてもらった人は、書斎で日を過ごすことが嬉しかったことでしょう。(漢字部 資料紹介 2013年10月号)

                                               
作品名隷書横披
ふりがなれいしょおうひ
作者何維樸
国名中国
制作年清末~民国
寸法26.0×79.7cm
目録番号4A-4278
釈文日有万喜軒 詩孫何維樸

作者の何維樸(1844~1925)は、有名な書家・何紹基(1799~1873)の孫にあたる人物です。この作品は属書(為書き)がありませんから依頼主はわかりませんが、その人の書斎の「命名書」のようなものです。毎日喜び事があるようにと名づけたのでしょうか。礼器碑の筆法で書いていますが、「有」の左払いは踊るようで、「喜」は嬉しそうに見えます。「日」は画数が少ないので横画を太めにして、「軒」は控えめにまとめています。書いてもらった人は、書斎で日を過ごすことが嬉しかったことでしょう。(漢字部 資料紹介 2013年10月号)

KAMPO MUSEUM IN SHIGA ©︎ All Rights Reserved