Back to all Post

秋季特別企画展 中国山水画の精華

     

開催日: 2019年9月21日 - 2019年11月17日カテゴリー:

観峰館特別企画展

中国山水画の精華― 北宋から20世紀まで ―

The Quintessence of Chinese Landscape Painting

 

日本でも馴染み深い画題である山水画は、実景をありのままに描写する西洋の風景画とは趣を異とし、知識階級である文人たちの思想や理想を反映した、高い精神性が求められる芸術でした。文人たちは、清雅な山野での生活に憧れながらも、俗世で身を立てなければならないという矛盾を、山水画を描き、鑑賞することで解消しようとしていたのでしょう。しかし近代になると、文人山水画の伝統を継承する作家がいる一方で、西洋文化との接触を背景にしつつ、経済力を持つようになった商人など一般庶民の嗜好にあう、新しい雰囲気の山水画が制作されるようにもなり、多種多様な作風の作品が世に出るようになります。

本展では、中国山水画の歴史を、その黄金期ともいえる北宋から南宋・元・明・清各時代の名品を通じて紹介するとともに、観峰コレクションの中核である清朝後期から20世紀の資料群より近代山水画の優品を抽出して展観し、中国山水画の魅力に迫ってゆきます。

展示点数約50点 ※期間中展示替えあり。

宋・燕文貴「江山楼観図」(大阪市立美術館蔵) 部分

 

 

 

 

 

 

 

南宋・米友仁「遠岫晴雲図」※後期展示

 

元・倪瓚「疎林図」(大阪市立美術館蔵)

 

明・沈周「幽居図」(大阪市立美術館蔵)

 

清・王鑑「倣黄公望山水図」(京都国立博物館蔵)※後期展示

 

清・姜筠「秋江漁父図」(観峰館蔵)

 

近代・溥儒「山水図」(観峰館蔵)

 

近代・呉淑娟「蜀棧暁行図」(観峰館蔵)

 

近代・陶冷月「夜景図」(観峰館蔵)

 

現代・李頴「峡江清暁図」(観峰館蔵)

 

【図録】

中国山水画の精華-北宋から20世紀まで-

KAMPO MUSEUM IN SHIGA ©︎ All Rights Reserved