Back to all Post

コレクション展 硯Ⅲ/中国絵画 春の絵・めでたい絵

     

開催日: 2021年4月10日 - 2021年5月30日カテゴリー:
新型コロナウィルス感染拡大防止対策を行っております。ご来館の際はこちらをご確認ください。

※来館者カードは下記からダウンロードできます。

観峰館 来館者カード観峰館 来館者カード(エクセルファイル)

コレクション展 硯Ⅲ中国絵画 春の絵・めでたい絵
コレクション展 硯Ⅲ

宝珠九龍硯

 

【展示風景】

 

【会場】

本館4階展示室

 

【展覧会概要】

「文房四宝」の一つである硯は、文人たちにとって身近な存在であり、実用品であるとともに鑑賞用として人びとに愛されました。現在では石硯が広く用いられており、端渓硯(たんけいけん)や歙州硯(きゅうじゅうけん)、澄泥硯(ちょうでいけん)などが良質な硯として高い評価を得ています。

この展覧会は、平成26年度、同30年度に続く第3弾として、当館収蔵のコレクション約1,300面余りの中から厳選した54面を展示し、各硯の形式や特徴、芸術性などをご紹介します。また、和硯(日本の硯)もあわせて展示します。

すべて初公開の作品です。

「書の文化にふれる博物館」らしい展覧会を通して、観峰コレクションの層の厚さをとくとご覧あれ!

観峰館春季平常展示(本館4階)「コレクション展 硯Ⅲ」出品リスト
観峰館春季平常展示(本館4階)「コレクション展 硯Ⅲ」展示案内パンフレット

 

【主な展示作品】(クリックで拡大します)

切竹硯(凌雲銘)

蝙蝠雲紋硯

双獅子硯

天然板硯

緑石龍鳳両面硯(道光10年銘)

楽浪郡出土磚硯

龍渓石硯(長野県上伊那郡)

若田石硯(長崎県対馬市)

紅渓石(宮崎県東臼杵郡)

天然奇紋硯

八稜岩窟蟹硯

劉海蟾松竹硯

 

中国絵画 春の絵・めでたい絵

【展示風景】

 

【会場】

本館5階展示室

 

【展覧会概要】

花が咲き、鳥が歌う春。生命力がみなぎるこの季節を描く作品には、長寿や富貴など、めでたいメッセージが込められています。

 

【主な展示作品】※クリックで全図を表示します。

鄭箕「牡丹図」清時代後期

傅小石「寿星玩童図」現代(1982年以後)

竹禅「清品幽香図」清時代後期

張槃「花鳥図」清時代後期

丁鑫「歳寒三友図横披」中華民国37年(1948)

黄淡如ほか「多福多寿図」中華民国22年(1933)

陳年「百子長春図」中華民国15年(1926)

史常鑣「八鮮咬春図」中華民国時代・20世紀頃作

胡錫珪「春夢図」清時代後期・19世紀頃作

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【関連出版物】展示作品の一部が掲載されています※本展の図録ではありません

収蔵品撰集6~程遠岑~

 

【同時開催】

春季企画展「対聯飾り-おもてなしの言葉-」

松吉書道教室20周年展

 

次回の展覧会

夏季企画展「何紹基-清朝巨匠の書-」

寺子屋で学ぼう!/館蔵中国書画-臨書・倣画の世界-

KAMPO MUSEUM IN SHIGA ©︎ All Rights Reserved