Back to all Post

夏季企画展「何紹基-清朝巨匠の書-」

     

新館 特別展示室

開催日: 2021年6月19日 - 2021年8月29日カテゴリー:

【展覧会概要】

清朝が衰退に向かう嘉慶・道光・咸豊・同治の四代を生きた何紹基(1799~1873)は、傑出した書家として知られています。その書は、同じく激動の時期に活躍した唐の顔真卿(709~785)に学び、さらに篆隷の要素を加味したもので、とくに独特のうねりと躍動感が特徴的な行書は、今なお多くの人を惹きつけてやまないものです。

観峰館には、初期から全盛期、そして晩年まで約20件の何紹基作品を収蔵しており、ここまでまとまったコレクションは、他に例を見ません。本展では、館蔵何紹基作品を通じて、その魅力に迫ります。

 

【主な展示作品】※クリックで拡大します。

清時代後期「行書孫承沢庚子銷夏記語四屏」清時代後期 観峰館蔵

何紹基「楷書八言対聯」清時代後期 観峰館蔵

 

【関連書籍】

収蔵品撰集4~何紹基~

KAMPO MUSEUM IN SHIGA ©︎ All Rights Reserved