Back to all Post

館蔵秦封泥/始皇帝以前-古(いにしえ)を伝える書画文物-

     

本館 4階・5階展示室

開催日: 2021年9月18日 - 2021年11月21日カテゴリー:
新型コロナウィルス感染拡大防止対策を行っております。ご来館の際はこちらをご確認ください。

※来館者カードは下記からダウンロードできます。

観峰館 来館者カード観峰館 来館者カード(エクセルファイル)

館蔵秦封泥始皇帝以前-古(いにしえ)を伝える書画文物-

 

館蔵秦封泥

 

 

【展覧会概要】

観峰館が所蔵する2200年前の秦封泥約150点を一堂に公開します。文書の封緘に用いられた封泥の表面には、当時の篆書による印が捺されています。ほとんどすべてが初公開です。

2021年度秋季平常展「館蔵秦封泥」解説(4.55MB)

 

【会場】

本館4階展示室

 

【主な展示作品】(クリックで拡大します)

封泥「内官丞印」

封泥「御府丞印」

封泥「宮司空丞」

封泥「官司空丞」

封泥「郡右邸印」

封泥「左司空丞」

封泥「左楽丞印」

封泥「泰倉丞印」

封泥「藍田丞印」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼バーチャル観峰館でも秋季展をご覧いただけます(11月21日(日)まで)

画像クリックで「バーチャル観峰館」に移動します

 

 

【関連出版物】※本展覧会の図録ではありません

観峰館紀要 第6号

観峰館紀要 第7号

 

始皇帝以前-古(いにしえ)を伝える書画文物-

 

 

【展覧会概要】

本年は、「始皇帝」こと、秦王・政(せい)が中国史上はじめて全土統一をはたした紀元前221年から、およそ2200年の節目にあたります。この展覧会では、始皇帝以前時代に因んだ拓本・文物、臨書作品や、故事を描いた絵画を展示します。

「ファーストエンペラーの時代」をお楽しみください!

2021年度秋季平常展「始皇帝以前-古(いにしえ)を伝える書画文物-」出品リスト(332KB)

2021年度秋季平常展「始皇帝以前-古(いにしえ)を伝える書画文物-」解説パンフレット(1.39MB)

 

【会場】

本館5階展示室

 

【展示内容と主な展示作品】※クリックで全図を表示します。

第一章 絵画作品に描かれた故事

孔子(前551~前479)、老子(生卒年不詳)などの著名な思想家・哲学者や、春秋戦国時代のエピソードは、絵画の画題として描かれ、多くの人びとに受容されてきました。第一章では、近代絵画に描かれた故事についてご紹介します。

張聿光「弦高犒師図」清時代末期~中華民国初期

葉曼叔「曽参図斗方(二十四孝のうち)」中華民国

中村不折「老子出関図」大正時代~昭和初期

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第二章 文物~拓本と瓦当

始皇帝以前の歴史を伝える史料として、考古遺物や拓本などがあります。瓦当(がとう)は、建物の屋根瓦の軒先部分のことで、そこに鋳込まれた紋様や文字は、当時の歴史を伝える貴重な資料です。また拓本は、当時の歴史を伝えるだけでなく、文字資料としても重要なものでした。

「泰山刻石」拓本(部分)

「武氏祠画像石」のうち「荊軻刺秦王」

「鋸葉雲紋瓦当」秦時代

 

 

 

 

 

 

 

 


第三章 歴史を伝える書物

中国の歴史書は、古来、日本でも多く読まれていました。例えば、徳川光圀は『史記』を愛読しており、それに倣って『大日本史』を著したことは、有名なエピソードです。江戸時代には、出版技術の向上により、『史記』『十八史略』『戦国策』『資治通鑑』など多くの歴史書が版本として出版されました。ここでは、江戸時代に出版された歴史書より、始皇帝についての記録を見ていきます。

『史記觽』第六巻「刺客列伝」 「荊軻刺始皇」部分

『標記増補 十八史略』第二巻 「徐福游東海」部分

『資治通鑑』秦紀二 「李信伐楚」部分

 

 

 

 

 

 

 

 


第四章 始皇七刻石の臨書作品

『史記』に拠ると、始皇帝はその権力の誇示のために、国内6箇所に碑を建てました。その原石は2基のみ現存しますが、拓本などによって現在まで伝わっています。第四章では、近代中国の書家が臨書した作品をご紹介します。

「繹山刻石」拓本

沈曽植「篆書臨嶧山刻石軸」清時代末期~中華民国初期

伊立勲「篆書臨会稽刻石軸」中華民国12年(1923)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼バーチャル観峰館でも秋季展をご覧いただけます(11月21日(日)まで)

画像クリックで「バーチャル観峰館」に移動します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼展示作品すべての解説はこちら

データベースを更新しました(秋季平常展「始皇帝以前-古(いにしえ)を伝える書画文物-」展示作品)

 

【関連出版物】※本展覧会の図録ではありません

観峰館紀要 第14号

 

【同時開催】

秋季特別企画展「文人の行き交う街-近江商人が紡いだネットワーク-」

羅入現代水墨画展

 

【お得な情報】

「ミュージアムぐるっとパス・関西2021」のご案内

 

【次回の展覧会】

準備中です

KAMPO MUSEUM IN SHIGA ©︎ All Rights Reserved