書譜(安麓村本)

しょふ(あんろくそんぼん)
     

「書譜」は、唐時代の孫過庭(648~703)によって書かれた書論です。原本は現在、国立故宮博物院(台北)が所蔵しています。書を論じた内容とともに、草書学習における手本として、古くから用いられてきました。本作は、清時代の大収蔵家・安麓村(1683~1745?)が康熙45年(1706)に手に入れた原本「書譜」を元にして作られた複製です。原本が持つ軽妙な草書の姿を伝えています。

【法帖無料ダウンロード】

「書譜(安麓村本)」全ページを無料でダウンロードできます(ページ数が多いため、3つに分割しています)。ご自宅・教室での草書学習に、ぜひお役立てください。※画像が開かない場合は、「右クリック」→「対象をファイルに保存」で、お使いのPCにダウンロードしてからご覧ください。

法帖「書譜(安麓村本)」[上]帖ー単ー006(3.72MB)

法帖「書譜(安麓村本)」[中]帖ー単ー006(4.13MB)

法帖「書譜(安麓村本)」[下]帖ー単ー006(4.03MB)

                                           
作品名書譜(安麓村本)
ふりがなしょふ(あんろくそんぼん)
作者孫過庭
国名中国
制作年原本:唐時代 垂拱3年(687)
寸法32.0×17.6×1.3cm
目録番号帖ー単ー006

「書譜」は、唐時代の孫過庭(648~703)によって書かれた書論です。原本は現在、国立故宮博物院(台北)が所蔵しています。書を論じた内容とともに、草書学習における手本として、古くから用いられてきました。本作は、清時代の大収蔵家・安麓村(1683~1745?)が康熙45年(1706)に手に入れた原本「書譜」を元にして作られた複製です。原本が持つ軽妙な草書の姿を伝えています。

【法帖無料ダウンロード】

「書譜(安麓村本)」全ページを無料でダウンロードできます(ページ数が多いため、3つに分割しています)。ご自宅・教室での草書学習に、ぜひお役立てください。※画像が開かない場合は、「右クリック」→「対象をファイルに保存」で、お使いのPCにダウンロードしてからご覧ください。

法帖「書譜(安麓村本)」[上]帖ー単ー006(3.72MB)

法帖「書譜(安麓村本)」[中]帖ー単ー006(4.13MB)

法帖「書譜(安麓村本)」[下]帖ー単ー006(4.03MB)

KAMPO MUSEUM IN SHIGA ©︎ All Rights Reserved