篆書臨会稽刻石軸

てんしょりんかいけいこくせきじく
     

清時代末期から中華民国初期に活躍した書家・伊立勲(1856~1942)が、始皇37年(前210)に刻された「会稽刻石」を臨書した作品です。一点一画をゆるがせにすることなく、全ての文字が均整の取れた形と肥痩のない線によって書かれており、整斉とした雰囲気が紙面を支配しています。

                                               
作品名篆書臨会稽刻石軸
ふりがなてんしょりんかいけいこくせきじく
作者伊立勲
国名中国
制作年民国12年(1923)
寸法107.4×39.3cm
目録番号4A-2450
釈文兼聴万事遠󠄀近畢清 運理群物考験事実 各載其名 癸亥華朝臨会稽刻石 孔生仁兄先生雅鑑 伊立勲

清時代末期から中華民国初期に活躍した書家・伊立勲(1856~1942)が、始皇37年(前210)に刻された「会稽刻石」を臨書した作品です。一点一画をゆるがせにすることなく、全ての文字が均整の取れた形と肥痩のない線によって書かれており、整斉とした雰囲気が紙面を支配しています。

KAMPO MUSEUM IN SHIGA ©︎ All Rights Reserved