隷書臨張遷碑四屏

れいしょりんちょうせんひしへい
     

本作は、重厚な書きぶりによる隷書「張遷碑」の臨書作品。何紹基(1799~1873)は、60歳頃から本格的に隷書の学習に傾注し、広く諸漢碑を臨書したが、なかでも「張遷碑」の臨書は百遍に及んだとされる。そのためか、何紹基隷書の結体は方正に近い形をとることが多い。隷書学習の成果は、その後の行書作品にも影響を与え、より多彩な表現を可能にした。本作は、逆入による起筆の強調など、もはや原碑の形臨にとどまらない独自の隷書となっており、署款の風格もあわせると、60代半ば頃の作品と考えられる。

                                               
作品名隷書臨張遷碑四屏
ふりがなれいしょりんちょうせんひしへい
作者何紹基
国名中国
制作年清時代後期 同治年間(1860年代)頃
寸法各166.1×43.5cm
目録番号4A-0357
釈文尚書五教君崇其寛 詩云愷悌君隆其恩 東里潤色君垂其仁 邵伯分陝君懿于棠 晋陽珮瑋西門帯弦 君之体素能雙其勛 遷蕩陰令士民頡頏 隨送如雲 公方碑板重中生変化 与衡方石門埒 何紹基

本作は、重厚な書きぶりによる隷書「張遷碑」の臨書作品。何紹基(1799~1873)は、60歳頃から本格的に隷書の学習に傾注し、広く諸漢碑を臨書したが、なかでも「張遷碑」の臨書は百遍に及んだとされる。そのためか、何紹基隷書の結体は方正に近い形をとることが多い。隷書学習の成果は、その後の行書作品にも影響を与え、より多彩な表現を可能にした。本作は、逆入による起筆の強調など、もはや原碑の形臨にとどまらない独自の隷書となっており、署款の風格もあわせると、60代半ば頃の作品と考えられる。

KAMPO MUSEUM IN SHIGA ©︎ All Rights Reserved