顔勤礼碑

がんきんれいひ
     

「顔勤礼碑」は、顔真卿(709~785)の曽祖父である顔勤礼(597~664)と子孫の功績を讃える石碑です。顔真卿71歳の作品になります。顔勤礼は篆書と籀文に巧みであり、崇賢館学士などを務めた人物です。石碑は現在、西安碑林博物館に安置されています。

「顔勤礼碑」は中華民国11年(1922)何夢庚(字は客星・生卒年不詳)によって発見されました。詳しくは、本作に一緒に刻されている、清時代末期から中華民国にかけて活躍した宋伯魯(1854~1932)による跋文に記されています。

                                           
作品名顔勤礼碑
ふりがながんきんれいひ
作者顔真卿
国名中国
制作年唐時代 大暦14年(779)刻
寸法35.2×21.7cm
目録番号碑ー顔ー022

「顔勤礼碑」は、顔真卿(709~785)の曽祖父である顔勤礼(597~664)と子孫の功績を讃える石碑です。顔真卿71歳の作品になります。顔勤礼は篆書と籀文に巧みであり、崇賢館学士などを務めた人物です。石碑は現在、西安碑林博物館に安置されています。

「顔勤礼碑」は中華民国11年(1922)何夢庚(字は客星・生卒年不詳)によって発見されました。詳しくは、本作に一緒に刻されている、清時代末期から中華民国にかけて活躍した宋伯魯(1854~1932)による跋文に記されています。

KAMPO MUSEUM IN SHIGA ©︎ All Rights Reserved