Back to all Post

春季企画展「隠元隆琦350年遠諱 黄檗インパクト」

     

新館 特別展示室

開催日: 2022年4月16日 - 2022年6月12日カテゴリー:

【展覧会概要】【展示内容と主な展示作品】【イベント情報】【関連出版物】【メディア掲載情報】【広報物】【お得な情報】【同時開催】【動画】【次回の展覧会】

 

【展覧会概要】

黄檗宗の宗祖・隠元隆琦(1592~1673)の来朝は、臨済宗を中心とする禅宗寺院に大きな「インパクト」をもたらしました。江戸前期の近江は、室町時代後期の戦乱により荒廃した寺院が多く、それらの再興にあたっては、黄檗僧が多く関与することとなります。特に東近江地域は、永源寺に隠元隆琦が当山し、永源寺の住持であった如雪文巌(1601~1671)と交流したほか、蒲生郡日野町には黄檗宗寺院が点在していますが、このことは後水尾法皇(1596~1680)の深い帰依を受けた龍渓性潜(1602~1670)が、正明寺など主要寺院の中興開山として迎えられたことによります。また、その龍渓が隠元を住持として迎え入れようとした妙心寺派にあっても、黄檗僧の墨蹟・絵画などが伝わり、現在でも重要な什物として位置付けられています。

そして、黄檗僧ならびに商人がもたらした中国舶来の書画は、羨望の眼差しの中で受け入れられ、多くの寺院に寄進され什物となったほか、地域の書画家に影響を与えました。そのことから、近江という地域が、京都・大坂とは異なる独自の文化を築いていたともいえるでしょう。

この展覧会は、隠元隆琦禅師350 年遠諱にあたり、東近江地域の所縁の寺院に伝わる所蔵品を中心として、黄檗宗のもたらした「インパクト」を探るものです。

 

【展示内容と主な展示作品】

隠元隆琦「遺偈」寛文13年(1673)京都・萬福寺所蔵

隠元隆琦/賛 逸然性融/画「達磨像」明暦3年(1657)京都・萬福寺所蔵

費隠通容/賛・張琦/画「費隠通容像」崇禎15年(1642)京都・萬福寺所蔵

伊藤若冲 画 蒲庵浄英 自賛「蒲庵浄英像」寛政7年(1795)京都・萬福寺所蔵

伊藤若冲 画・桂州道倫 賛「瓢箪牡丹図」の内「瓢箪図」 江戸中期 京都・細見美術館所蔵

伊藤若冲 画・無染浄善 賛「瓢箪牡丹図」の内「牡丹図」 江戸中期 京都・細見美術館所蔵

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼バーチャル観峰館でも春季展をご覧いただけます

準備中です

 

【イベント情報】

準備中です

 

【関連出版物】

準備中です

 

【メディア掲載情報】

準備中です

 

【広報物】

準備中です

 

【お得な情報】

準備中です

 

【同時開催】

顔真卿の書に学ぶ-館蔵法帖名品選-/顔真卿の遺伝子-顔法を受け継いだ人びと-

 

【動画】

準備中です

 

【次回の展覧会】

準備中です

KAMPO MUSEUM IN SHIGA ©︎ All Rights Reserved