Back to all Post

寺子屋で学ぼう!/館蔵中国書画-臨書・倣画の世界-

     

本館 4階・5階展示室

開催日: 2021年6月19日 - 2021年8月29日カテゴリー:
新型コロナウィルス感染拡大防止対策を行っております。ご来館の際はこちらをご確認ください。

※来館者カードは下記からダウンロードできます。

観峰館 来館者カード観峰館 来館者カード(エクセルファイル)

寺子屋で学ぼう!館蔵中国書画-臨書・倣画の世界-

 

寺子屋で学ぼう!~特集「庭訓往来」~

【展覧会概要】

観峰館が所蔵する和本・教科書コレクションは、江戸時代から明治・大正時代に使用された習字教育資料を中心に、全国各地で出版され、活用されたものです。また、観峰館の在る東近江市は、寺子屋などの教育機関における文字教育が盛んであった地域として知られています。

この展覧会では、寺子屋で使用された、さまざまな「往来物」を紹介するとともに、その書物がたどった歴史についても紐解いていきます。特集として、「往来物」の代表である「庭訓往来」の全所蔵品を一堂に展示します。

日常生活において、切っては切り離せない「文字」。江戸時代の人びとが学んだ手本にふれてみませんか?

 

【会場】

本館4階展示室

 

【主な展示作品】※クリックで拡大します。

『御成敗式目』慶安4年(1651)版

『庭訓往来抄』寛文8年(1668)版

『庭訓往来』享保17年(1732)版

『新童子往来万代宝鑑』元文6年(1741)

『新童子往来万世宝鑑』明和元年(1764)

『庭訓往来(肉筆)』慶応元年(1865)

 

 

 

 

館蔵中国書画-臨書・倣画の世界-

【展覧会概要】

観峰館が所蔵する中国書画から、「臨書」と「倣画」を中心に取り上げます。

手本を写す「臨書」と先人の画風に倣う「倣画」は、中国書画の学習方法として、また表現手段として、古くから行われてきました。本展では、観峰コレクションの中から近代中国の書家・画家による「臨書」と「倣画」をご紹介します。

 

【会場】

本館5階展示室

 

【主な展示予定作品】※クリックで全図を表示します。

宋伯魯「草書臨王羲之成都城池・朱処仁帖軸」中華民国

黄山寿「寿星図」清時代末期 光緒30年(1904)

李瑞清「楷書臨崔敬邕墓誌銘軸」中華民国4年(1915)

蓮渓(真然)「蘭図」清時代後期

馮文蔚「楷書臨趙孟頫千字文冊」清時代末期 光緒21年

王連「老嫗解詩図扇面」清時代後期

高邕「行書臨黄州寒食詩巻横披」清時代末期 光緒20年(1895)

湯禄名「倣華嵓人物図扇面」清時代後期

馬公愚「草書臨孫過庭書譜軸」中華民国

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【同時開催】

夏季企画展「何紹基-清朝巨匠の書-」

観峰館フォトコンテスト

 

【お得な情報】

「ミュージアムぐるっとパス・関西2021」のご案内(観峰館でご利用の場合)

 

【次回の展覧会】

秋季特別企画展「文人の行き交う街-近江商人が紡いだネットワーク-」

 

館蔵秦封泥/始皇帝以前~古(いにしえ)を伝える書画文物~

KAMPO MUSEUM IN SHIGA ©︎ All Rights Reserved