芭蕉涅槃図

芭蕉涅槃図は、松尾芭蕉(1644~1694)の没後、供養・顕彰が始まり神格化される中で、芭蕉を釈迦に見立てて描かれた涅槃図です。芭蕉は右手を枕にして横たわり、墨染の法衣と頭巾を被っています。周囲は、沙羅双樹ではなく芭蕉が […]

       

顔魯公像

顔真卿(709~785)、字は清臣、瑯邪臨沂(山東省)の人。魯郡公に封ぜられたことから、「顔魯公」とも称される。開元22年(734)の進士。 安史の乱に際して義勇軍を率いて奮戦したことから、武人のイメージが強いが、実際は […]

       

四海昇平図

蔡光甫(1917~)号は愉、江蘇無錫の人。振南国画学校で絵画を学んだ後、美術教師やエンジニアの仕事の傍ら創作活動を行なう。国内外に出品経験を持つ現代中国画家。 福・禄・寿の描かれた大瓶(太平)に牡丹(富貴)・石榴(多産) […]

       

豚図

顧伯逵(1892~1969)は九峰居士・片石齋老人と号した。江蘇揚州の人。幼い頃から絵を学びつつ各地を歴訪し、各家の画法を身につけた。人物・山水・花鳥を得意とした。 猪は、中国ではブタを指し、イノシシは「野猪」と標記する […]

       

恭喜発財図

丁辰(生卒年不詳)は字を世昌という。 清末~民国時代の揚州で活躍した画家。 「恭喜発財」とは、「儲かりますように」や「お金持ちになりますように」の意で、商売繁盛などを願う言葉。おもに新年の挨拶に用いられる。「発財」は「財 […]

       

懐素書蕉図

本作は、僧侶が芭蕉の葉に揮毫する姿を描く。僧侶は、唐代の書家である懐素(725~785)。修行の合間に書を学んだが、貧乏で紙が買えなかったことから、芭蕉の葉を紙がわりに練習したという。書の研鑽に励むことを象徴する故事をテ […]

       

山水舟上人物図

林子衡(生卒年未詳)は、福州の人。上海で銭慧安(1833~1911)に絵を学び、人物・山水を得意とした。 本作は、唐の杜甫(712〜770)の詩である「南隣」の一節を引き、その情景を描く。

       

斉白石肖像図

本作は、現代中国画の巨匠であり書家・篆刻家である斉白石(1864~1957)の肖像を描く。斉白石は、伝統芸術と民間芸術を融合し、新奇かつ質朴な作風を打ちたて、国内外から高く評価される。本作は、その生誕120周年を記念した […]

       

郭沫若肖像図

本作は、政治家であり文学者・考古学者・歴史研究者である郭沫若(1892~1978)の肖像を描く。郭沫若は、一時日本で亡命生活を送ったことがあり、また、原田観峰(1911~1995)の初訪中で面会し、観峰コレクション収集の […]

KAMPO MUSEUM IN SHIGA ©︎ All Rights Reserved