宇治川先陣争ノ図

源義経(1159~1189)と源義仲(1154~1184)とが京都・宇治川で対決した場面で、義仲軍の矢が降り注ぐ宇治川へ佐々木高綱(?~1214)と梶原景季(1162~1200)とが先陣争いをする場面である。 歌川豊宣( […]

       

秦蒙将軍之像碑

蒙恬(?~前210)は秦時代の将軍であり、匈奴討伐などに功績を上げた人物です。李信(生卒年不詳)の副将も務めていました。蒙恬といえば、筆の発明をしたという説があり、千字文にも「恬筆蔡紙」の句があります。現在では、筆を改良 […]

       

宋徐鼎臣臨秦碣石頌

「碣石頌」は「碣石刻石」とも呼ばれ、秦の始皇帝が河北省昌黎県の西北の土地・碣石を巡遊したときに建てた記念碑です。原石は失われたとされています。本書は、北宋の徐鉉(916~991)が臨書した「碣石頌」を、孔唯明なる人物が双 […]

       

宝便稚学古状揃大成

歴史上の人物の手紙を元にした「古状揃」は、手習いの手本のみならず、子どもたちを歴史や歴史文学に誘う重要な役目を担っていました。 作者の栄松斎長喜(生卒年不詳)は、江戸で活躍した浮世絵師で、書物の挿絵などにも携わりました。 […]

       

天然銭紋硯

「開元通宝」や「康熙通宝」「乾隆通宝」など、無数の古銭を硯縁に彫り込んだ硯。「開元通宝」を除けば、そのほとんどが清代のものであり、「光緒通宝」があることから、民国期に作硯されたものであろう。当然ながら、鑑賞用として作硯さ […]

       

赤間石

赤間石は、山口県宇部市(旧 厚狭郡)で産出され、その石色は赤色や緑色で、他の日本の硯とは一線を画するものである。石眼や紋様が見られ、細工もしやすいため、その硯石は重宝されました。 また歴史も古く、江戸初期には既に作硯され […]

       

諸鹿石

諸鹿石は、島根県八頭郡若桜町で産出され、竜頭石とも呼ばれる。石色は黒色もしくは茶色である。実用性よりも鑑賞用として用いられることが多い。 本作も、天然の石材の中央に、墨堂と墨池を彫り込んだもので、おそらく鑑賞用に作硯され […]

       

高島石

高島石は、滋賀県高島郡高島町で産出され、雄勝石、雨畑石同様、粘板岩より彫り上げられる。その名は江戸時代より知られ、寺子屋など日用に使用される硯であった。明治には斑紋を持った虎斑石の硯材が採取され、全盛を誇った。 現在は、 […]

       

那智黒鶴亀硯

那智黒石は、三重県熊野市神川町で産出され、自然の状態、即ち天然硯のものが多く、本作のような蓋付のものもある。緻密な石質と適度な硬度が特徴である。本作は、墨縁部分に鶴を、蓋部分に亀を彫り込んだもので、自然の形状を利用した上 […]

KAMPO MUSEUM IN SHIGA ©︎ All Rights Reserved